企業|企業速報 証券市場新聞

コマツ(6301)が反発。「今年度中にも米国で小型無人機(ドローン)で収集した3次元(3D)データをもとに、建設機械が適正な角度で自動的に掘削する土木工事の省力化サービスを始めるとの報道が好感された。
熟練技術が不要となり、最大で工期を半減、海外展開する初のケースで、主力の北米市場でのシェア拡大につなげると伝えており、今後の収益貢献を期待した買いが優勢になった。

証券市場新聞

Pocket