企業|企業速報 証券市場新聞

住友電設(1949)が5日続落。前日取引終了後、インドネシア子会社のP.T.タイヨー シナール ラヤ テクニクが不正会計処理を行っていたことが判明したと発表した。工事原価総額の過少見積もりや工事収益の過大計上など、現時点で累積的影響額は営業損益ベースで15億円程度と推定しているものの、詳細や発生原因の調査を進めているところで、影響額の拡大を警戒した売りが先行している。

証券市場新聞

Pocket