工業地帯|企業速報 証券市場新聞

三井松島(1518)が後場動意、第3四半期4.4倍営業増益を好感

 三井松島産業(1518)が後場動意。同社はこの日14時に、19年3月期第3四半期累計(2018年4月~12月)の連結決算を発表。売上高は565億7700万円(前年同期比15.4%増)、営業利益は36億200万円(同4.4倍)、純利益は28億600万円(同3.8倍)と大幅な増収増益だった。石炭生産分野における石炭価格の上昇は寄与している。
 通期は売上高760億円(前期比14.6%増)、営業利益48億円(同3.1倍)、純利益17億円(同11.8%増)と従来見通しを据え置いたが期末一括配当は40円から50円(前期4円)へ引き上げた。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket