企業|企業速報 証券市場新聞

リプロセル(4978)が続騰。7日、京都大学iPS細胞研究所と、srRNAを用いたヒトiPS細胞から特定種類の体細胞への分化誘導法開発に関する共同研究契約を結んだと発表したことが材料視された。
同社が開発するsrRNAは外来因子のゲノム挿入の恐れがない、安全な遺伝子発現が可能で、高効率の分化誘導法を開発することにより、低コストで十分な量の特定種類の体細胞を得ることが期待されるという。

証券市場新聞

Pocket