タンカー|証券市場新聞

海運株が安い、ばら積み船用船料が2年ぶりの安値

 日本郵船(9101)、商船三井(9104)、川崎汽船(9107)など海運株が安い。鉄鉱石を運ぶ大型ばら積み船の用船料が2年ぶりの安値をつけたことで、採算悪化を警戒した売りが優勢になった。米中貿易協議への進展期待から中国景気減速懸念が和らぎ、海運市況には底入れ感が広がっていたが、鉄鉱石の主要輸出国のブラジルで1月下旬に発生した鉱山事故により荷動きが鈍っているという。

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket