自動車|製造業 証券市場新聞

ハイレックス(7279)が反落、第1四半期は40.1%営業減益

 ハイレックスコーポレーション(7279)が反落。同社は1日の取引終了後、19年10月期の第1四半期(18年11月~19年1月)連結決算を発表、売上高は646億2400万円(前年同期比0.1%増)、営業利益は20億1400万円(同40.1%減)、純利益は13億7700万円(同44.9%減)と大幅な減益だった。、中国における自動車市場低迷による販売減少の影響、北米において2019年に立ち上がる受注対応のため、前年から実施している建屋拡張を含む大規模な生産能力増強に係る減価償却費増などが圧迫している。
 通期は売上高2363億円(前期比6.0%減)、営業利益123億9000万円(同26.4%増)、純利益83億9000万円(同51.9%増)と従来見通しを据え置いた。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket