コスモバイオ(3386)が急伸、生物発光技術による細胞株「iGL細胞」を発売へ

コスモ・バイオ(3386)が急伸。4日、糖尿病などに関連のある血糖値抑制ホルモン「インスリン」の分泌を、生物発光の技術により高感度に測定することが可能な細胞株「iGL細胞」を発売すると発表したことが材料視された。世界中で使われているラット膵β細胞株に生物発光の技術を導入、分泌する「インスリン」が発光するように改良した細胞株で、インスリン分泌量の測定やイメージングが簡便かつ高感度に行えるという。インスリン分泌メカニズムの解明やドラッグリポジショニングなどにより、安価で有効な糖尿病治療薬の開発も期待され、大学の医学部、歯学部や薬学部などの研究室や製薬会社、世界中の生命科学研究機関と企業に積極的に販売する。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket