企業|企業速報 証券市場新聞

アイロムグループ(2372)が反発、一時前日比76円高の1295円まで買われている。この日、午前9時に子会社のIDファーマが、センダイウイルスベクターを用いてiPS細胞を作製する方法に関する技術について中国において、基本特許に続き改良特許の特許査定を取得したことを発表したことが好感されている。今回の改良技術については、米国・オーストラリア・日本に続いての特許査定取得で、基本特許に続き本改良特許の特許査定の取得により、iPS細胞作製の一連の技術に関する特許群を構成し、事業優位性がより強化されるとともに、特許査定取得地域での事業展開のための知財ポジションが確立され、IDファーマの事業拡大に資することが期待される。

 

証券市場新聞

Pocket