企業速報01|企業速報 証券市場新聞

防衛関連が一段高、北朝鮮のミサイル発射場復旧報道で地政学リスク高まる

石川製作所(6208)と豊和工業(6203)が一段高。韓国の情報機関である国家情報院(国情院)が5日に、北朝鮮北西部・東倉里のミサイル発射場で、撤去した施設の一部を復旧する動きが把握されたことを明らかにしたことから、地政学リスクの高まりから防衛関連である両社に資金が向かっているようだ。先の米朝首脳会談で制裁緩和や解除で合意できなかったための動きと指摘する向きもあり、長らく相場がなかったことも人気を集める一因になっている。

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket