ポーラオルHD(4927)が反発、花粉付着を抑制できる成分を新たに発見

ポーラ・オルビスホールディングス(4927)が反発。同社はこの日、傘下のポーラ化成工業が、天然の粘土鉱物に由来する「板状の粉体」に「花粉の肌への付着を抑える機能」があることを発見したと発表した。この粉体は静電気を帯びにくいことから、肌に起こる静電気を抑制することで花粉の付着を抑えると考えられている。この技術は、既にポーラ・オルビスグループの製品で活用されており、今後、新たに発見した機能を生かし活用の幅を広げていくという。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket