企業|企業速報 証券市場新聞

アキュセラ・インク(4589)が前日に続いてストップ高まで買われた。SBIホールディングス(8473)による株式買い増しが明らかになったことから、リバウンド狙いの短域資金が流入、戻り足を速めている。
SBIHD傘下のSBIインベストメントが7日に提出した大量保有の変更報告書によると、SBIグループの保有株比率は21.07%から22.30%に上昇した。臨床試験の結果への失望にインサイダー疑惑も重なり、株価が暴落したことで、大株主のSBIの動向が注目されていた。

証券市場新聞

Pocket