企業|企業速報 証券市場新聞

ヘリオス(4593)が一時ストップ高まで買われ、連日で最高値を更新した。
理化学研究所が「滲出型加齢黄斑変性に対するiPS細胞由来網膜色素上皮細胞移植に関する臨床研究」を実施することで京都大学iPS細胞研究所など4機関と協定を結んだことをきっかけに大きく人気化。同社はiPS細胞による加齢黄斑変性の新治療法の実用化を目的に設立されたバイオベンチャーで、理化学研究所から特許ライセンスを受け、治療薬の開発を進めている。

証券市場新聞

Pocket