企業|企業速報 証券市場新聞

白鳩(3192)が反落、利益率悪化などで19年2月期予想を下方修正

白鳩(3192)が反落、利益率悪化などで19年2月期予想を下方修正

 白鳩(3192)が反落。同社は12日の取引終了後、19年2月期の単体業績予想の修正を発表。売上高を29億円から26億6700万円(前期比50.5%減)へ、営業利益を2600万円から700万円(同96.5%減)へ、純利益を1800万円から100万円(同99.2%減)へ下方修正した。送料負担の増加によって購買を控える動きが見られる中で、暖冬の影響で秋冬物の販売が出遅れたことによる売上の低迷と、その後の在庫消化に向けたセールにより利益率が悪化したことが要因。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket