企業|企業速報 証券市場新聞

神鋼鋼線工業(5660)が一時前日比14円安の132円まで売られ年初来安値を更新した。9日大引け後に子会社である神鋼鋼線ステンレスがJIS規格を満たしていないものを、試験値を改ざんしてJIS表示した製品として出荷していたことを発表した。現在同社では、ばね用ステンレス鋼線に加えて、JIS認証を一括取得していたステンレス鋼線、冷圧用ステンレス鋼線についても出荷を停止している。今後、監査など品質保証体制の強化、担当業務の見直し、検査結果入力作業の見直しなどの対策を早急に講じることにより、再発防止に努めるとしている。
証券市場新聞

Pocket