企業|企業速報 証券市場新聞

芦森工業(3526)が午前11時現在東証1部値上がり率トップとなり、カネミツ(7208)はストップ高に買われている。
「タカタ(7312)製エアバッグの欠陥問題を受け、自動車部品メーカーが相次ぎ生産体制を増強する」との報道を受け、買い気が盛り上がった。芦森工業は韓国とメキシコでエアバッグ本体の年産能力を19年までに計70万個へ8割拡大、カネミツは日本で主要部品を3割超増やすと伝えており、タカタ製品の代替需要取り込みによる今後の業績拡大へ期待が高まった。

証券市場新聞

Pocket