リボミック(4591)が一時S高で新値、RBM-007米1/2a相臨床試験第2コホートで安全性確認

 リボミック(4591)が急伸、一時ストップ高まで買われ年初来高値を更新した。この日前場取引終了後、滲出型加齢黄斑変性症治療薬RBM-007の米国第Ⅰ/ⅡA相臨床試験について、第2コホート(中用量群)の安全性が確認され、第3コホート(第2コホートより投与量が増加)の最初の患者への投与が行われたと発表したことが買い手掛かりになった。オープンラベル(非盲検)、非無作為化(ランダム化しない)、無対照(対照薬を置かない)の試験で、3用量(3コホート)を設定、各3名ずつの患者に対してRBM‐007を単回投与し、安全性と忍容性を確認する。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket