東証2|企業速報 証券市場新聞

キムラ(7461)が一時S高、コスト削減などで19年3月期利益予想を上方修正

 キムラ(7461)が続騰、一時っストップ赤まで買われた。同社は18日の取引終了後、19年3月期の連結業績予想の修正を発表。売上高を335億1000万円から324億5000万円(前期比2.3%増)へ、営業利益を11億3000万円から14億5000万円(同52.2%増)へ、純利益を5億9000万円から6億5000万円(同24.3%増)へ修正した。テナント入居による集客力のアップ、広告宣伝費など経費の見直しによるコスト削減、適正な価格設定による利益の確保、といった施策を継続的に実施したことが利益を押し上げている。

東証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

キムラ、住宅用資材、ホームセンター

Pocket