窪田製薬(4596)が連続S高、NASAとの小型OCT開発受託が引き続き買い手掛かり

 窪田製薬ホールディングス(4596)が前日に続いてストップ高まで買われ、昨年来高値を更新した。18日取引開始前、窪田良CEOがNASAから有人火星探査を含むディープスペースミッションの研究代表者に任命され、全額出資子会社のアキュセラ・インク(米国)が、TRISHと小型OCT開発受託契約を結んだと発表したことが引き続き買い手掛かりになった。NASAが開発費用を全額助成して、有人火星探査に携行可能な超小型眼科診断装置の開発を共同で進めていく。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket