免疫生物研究所(4570)が続落、19年3月期最終損益を1億5000万円の赤字へ修正

 免疫生物研究所(4570)が続落。同社は22日の取引終了後、19年3月期の連結業績予想の修正を発表。売上高を9億8200万円から7億8000万円(前期比2.9%増)へ、営業損益を2500万円の赤字から1億5000万円の赤字(前期4800万円の赤字)へ、最終損益を3900万円の赤字から1億5000万円の赤字(同5200万円の赤字)へ修正した。第4四半期に欧州向けに化粧品原料「ネオシルク-ヒト型コラーゲン」の出荷が開始されたことで、今春欧州から、同化粧品原料配合化粧品が販売され、また、国内の通信販売においては、前年並みの売上を計上している。しかし、大幅な売上増を予想していた中国向け販売において、中国代理店との協議が継続中で(最終段階)、中国国内における販売を停止した影響が出ている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket