企業|企業速報 証券市場新聞

インスペック(6656)がストップ高。10日引け後に発表した17年4月期の連結業績は、売上高23億2000万円(前期比42.5%増)、営業利益1億7000万円(前期1900万円の損失)と大幅増収で黒字転換を見込んだことが買い手がかりになった。
半導体パッケージ基板・精密基板検査装置関連に加え、精密基板製造装置とデジタルパソロジー(病理診断材料のデジタル化・電子化)関連機器関連分野に参入、本格的なグループ経営へのシフトにより、売り上げが拡大し収益性が急改善する。
併せて発表した中期経営計画で、19年4月期に売上高45億円、営業利益7億5000万円を目標に掲げたことも好感されたようだ。

証券市場新聞

Pocket