企業|企業速報 証券市場新聞

ニイタカが反落、コスト増で第3四半期は4.0%営業減益

 ニイタカ(4465)が反落。同社は27日の取引終了後、19年5月期第3四半期累計(18年6月~19年2月)の連結決算を発表。売上高は129億8400万円(前年同期比5.5%増)、営業利益は8億500万円(同4.0%減)、純利益は5億9800万円(同1.9%減)と増収減益だった。大規模ユーザーの獲得が寄与し、「食器洗浄機用洗浄剤」は好調ながら原材料費や物流費が上昇したことや将来に向けた人材等への投資により費用が増加した。
 通期は売上高180億円(前期比7.6%増)、営業利益11億3000万円(同4.2%増)、純利益8億2000万円(同4.4%増)と従来見通しを据え置いた。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket