スーパーマーケット|企業速報 証券市場新聞

平和堂(8276)が後場急落で安値、20年2月期11.4%営業減益予想を嫌気

 平和堂(8276)が後場急落、年初来安値を更新した。同社はこの日13時30分に、20年2月期の連結業績予想を発表。営業収益は4400億円(前期比0.5%増)、営業利益は120億円(同11.4%減)、純利益は63億円(同26.6%減)と2ケタ減益を見込んでいることが嫌気された。新店、改装、大型ショッピングセンターの増床、(仮称)新京阪センターの新設、赤字が続いていたダイレクト・ショップの新業態の展開など先行投資を行うという。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket