企業|企業速報 証券市場新聞

石井表記(6336)が急落、前日比46円安の398円まで売られている。13日大引け後に発表した今17年1月期の第1四半期(2~4月)連結決算で売上高23億8500万円(前年同期比16.0%減)、営業利益2億7000万円(同46.5%減)と大幅な減益となったことが嫌気されている。電子機器部品製造装置ではプリント基板分野が苦戦、液晶関連分野もインクジェットコーターが設備増資の谷間となり減少した。
通期業績は売上高95億8300万円(前期比1.8%増)、営業利益4億4300万円(同40.0%減)、純利益2億3500万円(同61.4%減)と従来予想を継続している。
証券市場新聞

Pocket