コンビニ店内|企業速報 証券市場新聞

CVSベイ(2687)が続落、控除対象外消費税増などで19年2月期予想を下方修正

 シー・ヴイ・エス・ベイエリア(2687)が続落。同社は9日の取引終了後、19年2月期の連結業績予想の修正を発表。営業総収入を110億円から109億1600万円(前期比62.9%減)へ、営業利益を7200万円から3100万円(同2.4倍)へ、最終損益を39億8000万円の黒字から38億100万円の黒字(前期2億7900万円の赤字)へ下方修正した。市川塩浜駅前地区の土地の売却に伴い、課税売上割合が大きく低下し、控除対象外消費税が増加したことで、一般管理費において、租税公課が約3000万増加する見込みとなったことに加え、入居するビルの建て替え工事に伴い2019年4月末に閉店予定のコンビニエンス・ストア店舗において、ビルの入居テナントの移転が想定より前倒しで行われた影響を受け、昨年12月以降、低調に推移した。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket