企業|企業速報 証券市場新聞

ベクトル(6058)が急反発。14日引け後、8月31日を基準日として1株を3株へ株式分割を実施すると発表したことが手がかりになった。
2月末日時点の単元株式保有株主数が2000人に足りず、1部市場から2部への指定替え基準の猶予期間に入っており、株主数を増やすことが目的。今回の式分割で最低投資金額が3分の1に低下することから、流動性向上と投資家層拡大による1部上場維持を期待した買いが向かった。

証券市場新聞

Pocket