企業|企業速報 証券市場新聞

市進HD(4645)が反発、生徒数好調で19年2月期予想を上方修正

 市進ホールディングス(4645)が反発。同社は12日の取引終了後、19年2月期の連結業績予想の修正を発表。売上高を163億8900万円から164億1000万円(前期比4.7%増)へ、営業利益を3億1800万円から4億500万円(同16.7%増)へ、純利益を2億円から3億900万円(同14.9%増)へ上方修正した。市進学院の小学生の生徒数や、個別指導の個太郎塾の生徒数が好調に推移したことに加え、人材の適正配置を図るなどの経費統制が通期で計画以上に進んでいる。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket