企業|企業速報 証券市場新聞

生化学工業(4548)が急伸。15日引け後、腰椎椎間板ヘルニア治療剤の海外ライセンスに関する基本合意書を結んだ発表したことを受け、買い気が盛り上がった。
同社は日米欧で腰椎椎間板ヘルニア治療剤「SI‐6603」の開発を進め、第Ⅲ相臨床試験段階にある米国で早期事業化を目指しており、基本合意はスイスのフェリング・ファーマシューティカルズ社と米国を中心とした海外独占販売などのライセンス契約を締結することを前提としている。
正式契約は17年3月期上期中の予定で契約一時金500万ドルのほか、開発や販売の進捗に応じて、複数年にわたりマイルスト-ン型のロイヤリティーを受け取る。、
併せて、発行済み株式数(自社株を除く)の0.35%にあたる20万株、取得総額4億円を上限とした自社株取得枠を設定すると発表したことも買い手がかりになった。

証券市場新聞

Pocket