基地局|証券市場新聞

神田通信(1992)が一時S高、19年3月期利益予想の上方修正と期末一括配当予想の増額を好感

 神田通信機(1992)が急伸、一時ストップ高まで買われた。19日引け後、集計中の19年3月期連結業績を修正、利益が上振れ増配を決めたことが好感された。主力の情報通信事業が堅調で、繰延税金資産を計上することを織り込み、最終利益を1億円から2億8000万円(前期比85.4%増)に増額、一転して増益で着地する模様で、期末一括配当を50円から60円(前期実績50円)に引き上げた。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket