IT|企業速報 証券市場新聞

セック(3741)が反発、モバイル決済など増加で19年3月期予想を上方修正

 セック(3741)が反発。同社は22日の取引終了後、19年3月期の単体業績予想の修正を発表。売上高を57億5000万円から59億8100万円(前期比15.6%増)へ、営業利益を7億3000万円から8億2300万円(同32.7%増)へ、純利益を5億5000万円から6億1300万円(同31.0%増)へ上方修正、期末一括配当を43円から48円(前期46円)へ引き上げた。官公庁案件や防衛分野の開発が堅調であったことに加え、非接触ICを含めたモバイル決済関連の開発案件、車両自動走行やサービスロボットの研究開発案件も増加している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket