理経(8226)が急反発、19年3月期予想を上方修正、復配も好感

 理経(8226)が急反発。同社は22日の取引終了後、19年3月期の連結業績予想の修正を発表。売上高を95億円から100億8800万円(前期比26.4%増)へ、営業損益を1億円から1億4600万円(前期1億7400万円の赤字)へ、最終損益を5000万円から1億2200万円(同1億8400万円の赤字)へ上方修正、未定としていた期末一括配当を3円(前期無配)とした。システムソリューションにおいては大学官公庁向けシステムが好調に推移、子会社ではエアロパートナーズにおいて防衛省向けの修理契約が増加したことも寄与している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket