IT|企業速報 証券市場新聞

エイトレッド(3969)が急伸で高値、ワークフロー増による20年3月期増収増益予想を好感

 エイトレッド(3969)が急伸、昨年来高値を更新した。同社は23日の取引終了後、20年3月期の単体業績予想を発表、売上高は16億円(前期比10.5%増)、営業利益は5億6000万円(同8.8%増)、純利益は3億7500万円(同20.2%増)と、19年3月期の売上高14億4800万円(前の期比30.8%増)、営業利益5億1400万円(同58.4%増)、純利益3億1200万円(同39.9%増)に続いて増収増益を見込んでいることが好感された。ワークフロー市場の拡大やクラウドサービス市場の拡大を背景としたワークフロー事業の需要が拡大することを想定し、既存販売パートナーの深耕や新規販売パートナーの開拓により、大手・中堅企業向けワークフローパッケージ「AgileWorks」の売上増を見込んでいる。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket