ビール|飲食 証券市場新聞

関門海(3372)が反落、暖冬で19年3月期予想を下方修正

 関門海(3372)が反落。同社は7日の取引終了後、19年3月期の連結業績予想の修正を発表。売上高を48億円から45億5700万円(前期比3.6%減)へ、営業利益を2億5000万円から1億4100万円(同28.4%減)へ、純利益を1億円から300万円(同91.2%減)へ下方修正した。期間限定商品である「はも」の全店販売開始等により好調に推移しいたが、その後、夏季の猛暑や各地で発生した災害による一部店舗の一時休業やインバウンドのお客様の減少、繁忙期である冬季における暖冬の影響等により、来店が想定を下回った。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket