提案|証券市場新聞

応用技術(4356)はS高で新値、19年12月期上方修正もなお上振れ期待

 応用技術(4356)がストップ高カイ気配、年初来高値を更新した。9日取引終了後、19年12月期の単独業績を上方修正、通期予想について売上高を39億円から41億円(前期比21.8%増)、営業利益を3億5000万円から5億円(同51.4%増)へ引き上げたことが好感された。ソリューション、エンジニアリング事業全般で受注が拡大、プロジェクト採算の向上に加え、高付加価値の販売案件が成約したことから売上、利益が計画を上振れる。第1四半期は営業利益4億1600万円(前年同期比2.9倍)で着地、通期修正予想に対する進捗率は8割を超えており、一段の上振れも期待された。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket