電子部品|企業速報 証券市場新聞

太陽誘電(6976)が反発、20年3月期は増収増益予想で自己株式取得枠の設定も

太陽誘電(6976)が反発。同社は13日の取引終了後、20年3月期の業績予想を発表。連結売上高で2900億円(前期比5.7%増)、営業利益で380億円(同7.8%増)とアナリストコンセンサスを上回る予想が好感された。が注力すべき市場と位置付けている自動車、基地局通信装置・データセンタなど
の情報インフラにおいて電子化・電装化や高性能化が進展し、大型・高信頼の電子部品の需要が拡大していくと見込んでいる。
同時に自己株式取得枠の設定を発表。上限25万株(発行済株式総数に対する割合2.0%)または40億円で取得期間は5月27日~20年3月31日まで。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket