電子部品|企業速報 証券市場新聞

大陽日酸(4091)が急伸で高値、20年3月期44.3%営業増益予想を好感

大陽日酸(4091)が急伸、年初来高値を更新した。同社は13日の大引け後に20年3月期の業績予想を発表。連結売上高で8900憶円(前期比20.2%増)、営業利益で950億円(同44.3%増)と大幅な増益を見込んでいることが好感された。国内ガス事業では、セパレートガスは、主要関連業界である鉄鋼・化学・輸送機器向け需要が堅調に推移し、緩やかながら売上増が見込まれる。また、エレクトロニクス関連では、国際競争力の高い半導体メーカー向けに電子材料ガスの売上増を目指す。米国ガス事業では、順調な製造業の生産活動を背景に、バルクガス、ハードグッズの拡大が期待される。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket