大日住薬(4506)が反発、糖尿病治療薬でノバルティスファーマと販売提携

 大日本住友製薬(4506)が反発。同社は30日の取引終了後、ノバルティスファーマが2型糖尿病治療薬の適応症で販売中の選択的DPP-4阻害薬「エクア錠50mg」(一般名:ビルダグリプチン錠)と選択的DPP-4阻害薬/ビグアナイド系薬配合剤「エクメット配合錠 LD/HD」(一般名:ビルダグリプチン/メトホルミン塩酸塩配合錠)の日本国内における共同プロモーションと販売提携を行うことを発表した。大日本住友製薬は、今回の契約の対価として、ノバルティスファーマに対して、契約一時金を支払う。また、7月1日より、エクアおよびエクメットのプロモーションに伴いノバルティスファーマより受領する対価を売上収益に計上し、11月1日からは、エクアとエクメットの売上を売上収益に計上する。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket