企業|企業速報 証券市場新聞

アクサスホールディングス(3536)がストップ高。22日取引終了後、子会社のアクサスが四国銀行(8387)などをアレンジャーとする総額70億円のシンジケーション方式によるコミットメントライン契約を27日付で結ぶと発表したことが手がかりになったようだ。
機動的な運転資金調達手段を導入することで、財務の健全性を確保するとともに、事業環境の変化に即応した施策を実行することが目的としており、財務基盤の強化と成長投資による業績拡大が期待された。

証券市場新聞

Pocket