リボミックが(4591)が大幅高、加齢黄斑変性に対する試験で主要評価項目を達成

 リボミック(4591)が大幅高。1日取引終了後、米国で実施中の滲出型加齢黄斑変性を適応症としたRBM‐007の第1/2a相試験(SUSHI試験)が完了、全評価期間で主要評価項目を達成し、副次的評価項目でも薬効を示唆する結果が確認されたと発表したことが好感された。今回の試験の結果はRBM‐007の優れた薬理作用を裏付けるもので、第2相試験の準備を進めるとしている。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket