企業|企業速報 証券市場新聞

大陽日酸(4091)が続騰。前週末取引終了後、米子会社のMTGを通じて、米国Air Liquide社から産業ガス事業の一部と関連資産を買収すると発表したことが引き続き好感されている。
セパレートガス事業のネットワークを拡大、ナショナルサプライヤーとしての地位を確立するとともに、炭酸ガスの生産能力強化、アラスカ州でのパッケージガス、亜酸化窒素事業へ参入することが目的で、買収による増収効果は年間2億6300万ドルを見込む。
前週末に年初来安値をつけるなど、株価が底値圏にあることから、北米を中心にした本格的なグローバル展開による業績拡大を期待した押し目買いが継続した。

証券市場新聞

Pocket