企業|企業速報 証券市場新聞

ポーラ・オルビスホールディングス(4927)が反発。2016年1~6月期の連結営業利益は前年同期比3割増の120億円前後と1~6月期として最高となる見通しとの報道を好感した買いが先行した。
スキンケア商品を中心に訪日外国人(インバウンド)客向け化粧品販売が好調で、従来予想の95億円を上回る。16年12月期通期の営業利益も従来予想(前期比11%増の250億円)より増える公算が大きいと伝えている。
24日現在の信用倍率は0.40倍と売り超過、28日申し込み現在の貸借倍率も0.18倍と貸株超過となっており、業績上ぶれ観測が買戻しを誘発したようだ。

証券市場新聞

Pocket