タンカー|証券市場新聞

海運株が上昇率トップ、バルチック海運指数5年7カ月ぶり高値

 日本郵船(9101)、商船三井(9104)、川崎汽船(9107)など大手海運株が高い。11時20分現在、業種別騰落率で33業種中、海運が上昇率トップとなっている。ばら積み船市況の総合的な値動きを表すバルチック海運指数が6月中旬以降、水準を切り上げ、約5年7カ月ぶりの高値圏に上昇しており、市況好転に伴う収益改善を期待した買いが向かった。ドル建て決済の海運各社には円安もプラスに働き、円が弱含んでいることも買い気を誘った。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket