企業|企業速報 証券市場新聞

ホクシン(7897)が急動意で高値、第1四半期10.9%営業増益を好感

ホクシン(7897)が急動意、年初来高値を更新した。同社は26日の取引終了後、20年3月期の第1四半期(4~6月)決算を発表。売上高で26億3600万円(前年同期比1.9%減)、営業利益で7600万円(同10.9%増)と二ケタ増益となったことが好感された。生産面では、木質チップ価格が東南アジアの需給の引締まりにより高騰したが、原油価格の低迷、需給の緩みによる接着剤単価の下落、エネルギー費の減少に加え、昨年から持ち直した稼働率・生産性の向上が利益を押し上げている。
通期は売上高115億円(前期比1.2%増)、営業利益2億2000万円(同31.1%減)と従来予想を据え置いている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket