大正製薬HD(4581)が後場売られ安値、M&A費用で20年3月期予想を下方修正

大正製薬ホールディングス(4581)が後場売られ年初来安値を更新した。同社はこの日12時30分に20年3月期の業績予想の修正を発表。通期連結売上高で2535憶円から2935憶円(前期比12.2%増)へ、営業利益で355億円から330億円(同5.7%増)へ下方修正した。Duoc Hau Giang Pharmaceutical JSC社(DHG社)とUPSA SAS(UPSA社)の連結子会社化に絡む費用増を織り込んでいる。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket