企業|企業速報 証券市場新聞

SMS(2175)が急反落、1Q決算順調ながら利益確定売り

 エス・エム・エス(2175)が急反落。同社は30日引け後に発表した20年3月期第1四半期の連結決算は、営業利益14億3300万円(前年同期比4.2%増)で着地した。キャリアパートナーを大幅に増員したことで着実に収益を拡大しており、第2四半期累計計画の25億8600万円(同32.4%増)に対する進ちょく率は55.4%と順調。ただ、前日に年初来高値を付けるなど株価は先行して上昇しており、当面の材料出尽くし感から利益確定売りが優勢になった。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket