下落|企業速報 証券市場新聞

インターワークス(6032)がS安、1Q85%営業減益で通期下振れと減配を懸念

 インターワークス(6032)がストップ安ウリ気配。1日引け後に発表した20年3月期第1四半期の連結決算は、売上高9億200万円(前年同期比13.4%減)、営業利益2000万円(同84.6%減)と2ケタ超の減収で利益が急減した。自動車を中心にした大手製造業の採用抑制により受注が減少、事業効率も低下した。通期は売上高50億円(前期比26.0%増)、営業利益9億円(同70.8%増)を見込むが、大幅な下振れが警戒され、年間配当30円についても減配懸念が強まった。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket