ビジネス街|企業速報 証券市場新聞

ワールドHD(2429)が大幅反発、第2四半期計画超での着地を材料視

ワールドホールディングス(2429)が大幅反発。同社は5日の取引終了後、19年12月期の第2四半期(1~6月)決算を発表。連結売上高で従来予想の665憶1400万円に対して668億2700万円(前年同期比3.8%増)、営業利益で10億5700万円に対して25億2900万円(同26.2%増)と計画超で着地したことが材料視された。不動産ビジネスにおいて戦略的に一部物件の引渡し時期を前倒し、人材・教育ビジネスをはじめその他セグメントにおいても業績が計画以上に好調だった。
通期は売上高1554憶5200万円(前期比8.8%増)、営業利益60億4900万円(同17.9%減)と従来予想を据え置いている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket