企業|企業速報 証券市場新聞

富士フイルム(4901)が急反落、1Qコンセンサスに届かず失望売り

 富士フイルムホールディングス(4901)が急反落。8日取引終了後に発表した20年3月期第1四半期の連結決算は、営業利益371億1300万円(前年同期比0.7%増)と小幅増益にとどまり、コンセンサスを下回ったことで失望売りを浴びた。メディカル、バイオは堅調ながらイメージングソリューションが落ち込んだ。併せて、発行株の3.18%に当たる1300万株を上限とした自社株買いを発表したが反応は鈍い。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket