取材メモ|企業取材 証券市場新聞

1Qは2桁営業増益で最終黒字

 グルメ杵屋(9850)の20年3月期第1四半期の連結決算は、売上高99億1700万円(前年同期比1.3%増)、営業利益1億100万円(同11.3%増)最終損益4900万円の黒字(前年同期1200万円の赤字)と増収、営業2ケタ増益で最終黒字に浮上した。
 既存店の好調に加え、改装と店舗委託制度を進めたことで、主力レストラン事業の収益が改善、中国便の搭乗客増加に伴い、機内食事業が大幅増収で利益が急拡大した。新設した食品加工場の賃貸開始により不動産賃貸事業も増収増益となった。
 通期は売上高411億9800万円(前期比0.4%増)、営業利益9億7900万円(同34.6%増)、最終利益4億8100万円(同45.6%増)と期初予想を据え置いた。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket