東証3|企業速報 証券市場新聞

ユニゾHD(3258)が急伸、買収対抗案伝わりTOB価格引き上げに期待

 ユニゾホールディングス(3258)が急伸、3日ぶりに年初来高値を更新した。この日朝、日本経済新聞電子版がエイチ・アイ・エス(9603)からの敵対的TOB(株式公開買い付け)への対抗案を検討していることがかったと報じた。ソフトバンクグループ(9984)傘下の投資ファンド、フォートレス・インベストメント・グループと組み、HISとは別にTOBを実施する方向で最終調整していると伝えている。報道を受け朝方から売買停止となっていたが、午前11時6分から売買を再開。フォートレスは週明けにもHISが提案しているTOB価格3100円を上回る条件で、TOBを開始する見通しで、TOB価格引き上げへの期待から買いを集めた。一方HISも買収撤回による財務負担軽減の思惑から上げに転じた。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket