東証2|企業速報 証券市場新聞

タカミヤ(2445)が大幅続落、公募増資と自己株処分で希薄化と需給圧迫警戒

 タカミヤ(2445)が大幅続落。26日取引終了後、100万株の公募増資とオーバーアロットメントによる上限54万株の売り出し、自己株処分による260万株の売り出し実施すると発表したことを受け、稀薄化と需給圧迫を敬愛した売りに押された。増資による潜在株式数は発行済み株式の約2.73%におよぶ。調達資金は最大で約25億円で仮設機材の購入や海外子会社への投融資資金などに充てる。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket